Close

translation missing: ja.minicart.general.empty

 Apple Watchで健康管理をしてみよう。まずは心電図から。 

Apple Watchで心電図をとることができるってご存知でしたか?

これによって、今まで気づいていなかった自分の病気を発見したり、命を救われたという方がどんどん現れています。

また、さらに研究は進んでいて、近い将来は心臓に関する病気だけでなくコロナウィルスの感染も察知できるようになりそうです。 

 

心電図機能を持つApple Watchのバージョンは? 

心電図が計測できるのは、Apple Watchシリーズ4, 5, 6の3つで、残念ながらSEは対応していません

 健康に不安があり、どうしても必要な方はこちらからお買い求めください。 

心電図アプリの使い方は?  

Apple Watchの”心電図”アプリを起動します。

”指をDigitar Crownに当ててください。”と表示されますので、親指または人差し指を当てましょう。

30秒のカウントダウンが開始されます。このカウントダウンが終了するまでは、指を離さないようにキープします。

カウントダウンが終了し、検査結果が表示されました。私の場合は「洞調律」という結果。右側のヘルプボタンをタップすると、「洞調律」についての解説が表示されます。

“洞調律と判断された場合、心拍が一定のパターンとなっていることを意味します。これは心臓の心房と寝室の白銅が同調している時に起きます。洞調律の結果が出た場合でも、これは特定の記録に対する結果であり、心拍が常に安定していることを意味するわけではありません。”

要は特に異常はないけど、絶対に大丈夫ってわけじゃないからな。という感じですね。

 

あなたはどんな結果が出ましたか?

Apple Watchを使って自分自身の健康状態を把握し、より良い健康管理を目指しましょう。

関連キーワード: Apple Watch.

 

img

translation missing: ja.popup.cart